板橋区 浴室てすり取付

浴室リフォームを紹介する記事です

本日は「浴室にてすりを取り付けて欲しい」という依頼です。

既にいくつか手すりが付いていますが、今回は浴槽の正面、シャワースライドバー兼用、収納棚の3箇所の取付を行います。

手すり取付前

工事前です。こちらに手すりを取り付けます。

壁に下穴を開けた状態

壁に6mmの下穴を開けました。

アンカーを挿入した状態

アンカーを挿入しました。

手すり取付後

新しい手すりを取り付けました。
「TOTO インテリア・バー」
これで浴槽から立ち上がる時に転倒防止になり安心です。

既存の手すり

縦型の手すりは既存のものです。
(浴室への出入りの時に使用します)
次に、シャワーフックと手すりを兼ねたものを取り付けます。

シャワースライドバー取付後

シャワースライドバーを取り付けました。文字通りシャワーの位置をスライドさせてお好みの高さで使用出来るもので、手すりとしても使える強度が有ります。

シャワーを立って使用する場合の例

立ってシャワーを使用する時はシャワーフックを上へスライドさせます。

シャワーを椅子に座って使用する時の例

椅子に座った状態で洗髪する時などはフックを下へスライドさせます。
最後は収納棚の取付です。

収納棚取付状況

新しく収納棚を取り付けました。シャンプーボトルやボディーソープなどを置くことを想定していますので、水が切れる様に手前に傾斜が付いています。

板橋区で浴室の蛇口やシャワー、バリアフリーなどのリフォーム工事ならお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!