さいたま市 給湯管の水漏れ

給湯管の水漏れ修理を紹介するページです

本日は「水漏れで外壁が濡れているので見て欲しい」という依頼です。

早速、現地に向かいます。

水漏れで外壁が濡れている状態です。

現場に着くと確かに外壁が濡れていました。お客様宅にはキッチンに床下収納庫が有りましたので、そこから点検します。

床下から漏水調査しています。

床下から漏水調査しています。キッチンの蛇口に繋がる給湯管からの水漏れのようですが、「止水栓のニップルが腐食しているだけ」という場合もありますので念のため、ボードを開口して確認します。

止水栓、ニップルは異常有りませんでした。既設の給湯管は銅管ですのでピンホール(小さな穴が開いた状態)です。お客様に状況を説明して修理方法をお伝えしたところ、「他社では外壁に穴を開けないと直せない」といわれたらしく、「当店では床下配管でも大丈夫ですよ」というと、是非それでお願いしますということになりました。

今回は耐熱性に優れ、継手も少ない配管が出来る「ポリブデン管」を使用します。これにより将来の漏水のリスクが軽減できます。

漏水していた管を撤去してrたらしい部品を取り付けています。

漏水していた部分を撤去し、新しい水栓Lを取り付け開口したボードを補修します。

配管支持を取りながら浴室、洗面所へも配管をしました。あとは屋外での作業です。

給湯器まで配管が済みました。追加でキッチンの蛇口交換を賜りましたので、さらに作業を進めます。

既設のキッチン水栓で下げ吐水です。

蛇口の交換前です。下げ吐水の水栓は現在生産終了となっています。

既設の蛇口を取り外した状態です。

既設の蛇口を取り外しました。

交換後のキッチン水栓で上げ吐水です。

新しい蛇口に交換しました。

工事後のキッチンシンク下の画像です。

工事後のキッチンシンク下の画像です。水漏れや、排水のつまり(詰まり)でお困りでしたらお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!