川口市 漏水修繕工事②

水道管の漏水修理を紹介する記事です

本日は「漏水の修理依頼」です

水道の使用量に異常が有ると、水道局の検針員の方から指定工事店に修理を依頼するようにアドバイスがあります。

まず、漏水個所を調べる手順としてトイレタンク内のボールタップとフロートバルブを確認します。これは消耗品ですので経年劣化による水漏れがよくある事と、目視で簡単に判別出来るからです。次に、トイレは異常有りませんので居室内の蛇口に音調棒をあててみます。これにより、どの蛇口付近で水漏れしているかを判断しますが、ここでも異常は有りませんでした。また、キッチンや洗面所に床下収納庫や点検口がある場合は床下から目視での確認も行います。本日の現場は居室内では水漏れしていませんでしたので、今度は水道メーターや散水栓など屋外の器具に音調棒をあてて調べます。

散水栓で漏水調査しています

散水栓付近で僅かに漏水していることがわかりました。

コンクリートを斫っています

コンクリートを斫って漏水調査を進めます。

漏水場所です

漏水箇所が特定出来ました。

漏水修繕の様子です

パイプ(ポリエチレン二層管)と継手で速やかに修繕します。

コンクリートの復旧状況です

モルタルで斫ったコンクリートを復旧して作業終了です。

今回の様にコンクリート下や土中に埋設された給水管の漏水は減免(過払い水道料金の返還)の対象となります。
また、工事後の水道局への手続きは指定工事店が行いますので安心しておまかせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!