川口市 浴室水栓交換

浴室水栓をイラストで表現したもの

本日は「浴室の蛇口の水が止まらないのですぐに来て欲しい」という依頼です

水漏れしている浴室水栓

画像では水漏れしていませんが止水栓を閉めているからです。水漏れの原因は水栓右側のハンドル内にある「切替弁」という部品の経年劣化によるものです。この水栓はノーリツ製のユニットバスにOEM供給されているもので製造元はミズタニバルブ工業です。修理の依頼でお伺いしていますので本来ならば部品交換で済ませたいところでしたが、補修部品の車載在庫が無かったことと、ご使用期間も15年ということでしたので水栓本体を交換させていただくことになりました。(製造メーカーさんの補修部品の保有義務は10年間とされています。)また、蛇口の安全な使い方・維持管理などに付いてはこちらをご覧ください。

水漏れしていた蛇口を点検口から取り外した状態。

既設の蛇口を取り外しました。ビスで蓋を開閉出来る点検口が有りますのでメンテナンスが容易に行えます。また、カウンターに蛇口を取り付けるための穴が2つ有りますが、この穴の中心から中心まで100mm有ります。これを取付ピッチ又は芯々と呼びます。一般的に浴室水栓の取付ピッチは85mm、100mm、120mmと3種類に分類されますが、過去にINAX製の蛇口で取付ピッチが65mmという商品もありました。

交換後のKVK製の浴室水栓

交換後です。「KVK製」 給水、給湯管の接合部分で水漏れが無いかを慎重に確認して点検口を閉じて作業終了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!